パチプロ引退しました(毎週日曜担当)

パチプロ引退しました(毎週日曜担当)

13年間パチンコ・パチスロで生活をしていたアラフォーのオッサン。4号機末期から5号機初期にパチスロライターの経験があるが、現在は女性誌の紙面デザイナーを目指し、デザイン事務所に勤務。現在も休みの日などに打つことはあるが、勝ちにこだわる打ち方は滅多にしない。

クニオ RX-884

基本に忠実であれ

2017年08月06日(日)

お疲れ~っす。第10回目です。

少しだけ呪いが解けてきた気がする。先週は、土曜日と会社帰り2回の実戦でショボ勝ち。別に勝ちにこだわってる訳じゃないけど、少しくらい回収しなきゃね。

で、サンダーVリボルト(以下、サンダーV)を打っている時に他の人を見て感じたことがある。それは「なんで変則打ちしてんの?」ということ。自分にとってユニバ系のAタイプは、勝ち方を教えてくれた存在。「基本に忠実であれ」という言葉が最も似合う機種だから、今回はオッさんのボヤキを綴ろうと思う。

別に打っている人が楽しければ、それで良いは分かる。でも、変則押しを見ていると効率の悪さと出目の単調さだけが目立つのは気のせいだろうか。特にチェリーorボーナスみたいな出目で無理矢理楽しんでるみたいだけど、確率考えたら簡単にハズれないから疲れそう。それじゃ、すぐ飽きちゃうでしょ? アクロスの台は、凄く作り込まれているから、まずは基本的な打ち方を十分理解してから、色んな打ち方をすればいい。楽しみ方は千差万別だけど、本当の打ち方を知れば、左から以外は押したくなくなるハズ。…多分。

で、1番人気の花火を題材にするのが良いと思うけど、個人的にアクロスのAタイプの中では面白くない方だと思っているので、最近マイブームになっているサンダーVで話を進めよう。

一応、なんで花火が面白くないかと言うと、まず「遅れ」がいらない。遅れが来ないと当たる気がしないから、ハマってる時が苦痛。遅れの頻度と信頼度を「大花火の間延び」くらいにすれば良かったと思うけどな。それとRTもいらない。B-MAXのようなRTなら大歓迎なのだが、RT中に当たると損な気がしてしまうシステムはいただけない。もちろん、実際は損しているわけではないが、RTを全部消化してからすぐに当たった方がお得感が強いわけで。

じゃ、サンダーVの話に戻ろう。

サンダーVは、左リールが素晴らしい。4号機時代も含めて、今までのユニバ系Aタイプの中で一番良く出来ているんじゃないかと思うくらいだ。王道とも言うべき、左リール赤7狙いと単独V狙い、新たにBAR狙いや3連Vの1番上を中・下段に狙う打ち方も加わり、狙える場所が4箇所もある。しかも、押すタイミングで「自分にしか分からない小役orボーナス目」が作り放題。もちろん、1リール確定目や2リール確定目も作れる。

全部説明しきれないので、最近のお気に入りである「左リールの中・下段に赤7を狙う手順」を紹介。

まず、左リールの赤7は、「中段or下段」に狙う。とはいっても別にアバウトでも損はしない。赤7の5コマ上にはBARがあり、チェリーの代用図柄になっているのでチェリーを枠内に目押ししなくても取りこぼしはない。

そこからの各停止型は…。
<チェリー下段停止>(成立役=チェリー・BONUS重複チェリー)
残りリール適当打ち。

<赤7下段停止>(成立役=赤7BIG・スイカ・BONUS重複スイカ・リプレイ・ハズレ)
中リールにスイカを狙って、スイカテンパイ時は右リールもスイカ狙い。

<スイカ下段停止>(成立役=VBIG・スイカ・BONUS重複スイカ・ベル・リプレイ・ハズレ)
中リールにスイカを狙って、スイカテンパイ時は右リールもスイカ狙い。

<ベル中段停止>(成立役=ベル)
残りリール適当打ち。

<BAR上段停止>(成立役=VBIG・REG・BONUS重複チェリー)
1リール確定目。3コマ以上のスベリを伴っていないとNGなので注意。

<BAR中段停止>(成立役=VBIG・チェリー・BONUS重複チェリー)
中段「BAR・リプレイ・リプレイ」でチェリー。中or右でチェリーを否定すればVBIG!

中・右リールにスイカを狙わないといけないのが面倒なのは分かる。でも、変則押しよりは効率良く、ボーナス察知速度も変わらない。ようは、慣れてしまえば苦にならないというヤツで、自分は予告音発生時以外、ほぼ毎ゲーム順押しで消化している。ポイントは、一定のタイミングで回していれば、中リールのスイカは見なくても押せてしまうということ。これが出来るようになってしまえば、ストレスフリーでサクサク通常時を消化出来る上に、衝撃の1確目や格好良いリーチ目を拝むことが可能になる。

上手いことボーナスが引けて持ちコインに余裕が出来たら、効率重視で3連V狙いに変えてスピードUPしても良い。特に高設定なら効率重視で回さないと話にならないからね。3連V狙いだと「スイカは?」と思うかもしれないが、1番上のVを中・下段に狙っていれば、下段にチェリー停止(赤7中段)や4コマスベリの赤7下段(赤7BIGorスイカ)からスイカが揃う制御になっているのでスイカを取りこぼすことはない。

さらに、中・右リールのスベリにも注目すると、さらに面白さが倍増する。例えば、予告音発生時に赤7下段が停止したら、中リールの赤7を少し早めに押して、4コマスベリで赤7が下段テンパイすれば2リール確定とか、探りながら打つのがアクロスのAタイプの面白さ。こういう打ち方を知る前に変則押しを覚えるのは、少し違う気がする。

別に機種が違っても、リール制御で何でもない出目がリーチ目になってしまうパターンは豊富にある。とにかく色んな打ち方を試して欲しい。リーチ目が分からないという人もいるだろうけど、打ち込めば止まらない出目が分かってくるから大丈夫。何でもネット調べれば分かってしまう時代だけど、打ちながら調べる方が楽しいと思うよ。


最後にアクロスのAタイプを面白いと思った順に勝手にランキング!

1位 B-MAX
情け容赦のないシステムがお気に入り。目押し難易度は5号機トップクラス! もちろん効果も絶大!! プレッシャーの少ないビタ押しなんて誰でも出来るから、失敗した時のダメージが大きいほど面白いと思う。でも、せっかく突入したRTが即終了とかも頻繁にあって、ビタ押し成功率90%以下の人にはオススメ出来ない。

2位 クランキーコレクション
3位 クランキーセレブレーション
どちらも甲乙つけがたいけど、ボーナス中の目押し頻度が高いコレクションの方が面白いかな。セレブは、ボーナス確率が高くて癒されるけど、技術介入度が低すぎて物足りない。

4位 サンダーVリボルト
上述した通りだけど、左リールが凄く良く出来ている。設定1の機械割が100%以下でなければ、さらに良かった。

5位 バーサス
6位 花火
違いと言えば、遅れと予告音、リーチ目が少し違うだけ。でも、予告音や消灯とリール制御を組み合わせた1&2リール確定が作れるバーサスに軍配。遅れだと、チェリー否定=ボーナスだけになってしまうので、少し飽きる。

7位 ゲッターマウス
特別、面白い訳でもないし、つまらない訳でもない。中押しが流行っていたけど、個人的には出目が単調になって、せっかくのゲーム性を台無しにしているとしか思えなかった。 (※キングジャックは実機を見たことがないのでランキング外)

パチンコ・パチスロ実戦!のその他の記事