「P-martTV なかのひとの話」(毎週木曜担当)

「P-martTV なかのひとの話」(毎週木曜担当)

日本一YouTubeで見られているパチンコパチスロ動画。 制作・出演しているP-martメンバーと呼ばれる有名ライターやタレントなど「なかのひと」がリレー形式でコラムを執筆します。最近は、Web動画の枠を超えてTV番組やラジオでも活躍中。喜怒哀楽激しい彼らのパチンコパチスロ論は必読ですぞ!

P-martTV

第2063回「オレオ:機械割119%」

2017年03月16日(木)

どうも、こんにちはオレオです。

 

唐突に始まりますが、皆様この噂を御存知ですか!?

サブ基板管理のパチスロ機全撤去という噂を・・・。

今の現状は、みなさんも知っている通り、検定有効期間終了後のサブ基板管理機は残っております。特に解りやすい機種で言いますと「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」は、昨年末に検定がきれておりますが、今だに現役稼働しております。

ここには、ホール需要、組合非加入など様々な要因となって、再検定が通過して、撤去されず残っているのです。詳しく知りたい方はググってください。

 

本来なら、残るべきではない台が残っている事に対して、やはり然るべき所より、ツッコミがありました。

3/8に開かれた衆議院内閣委員会で民進党の議員より、サブ基板で管理されたパチスロ旧基準機の認定について、警察庁の認識を問う場面がありました。

こちらの答弁では、ハッキリした答えは出ておりませんが、今後も国会で答弁がされていくと、最悪再認定された機種が認定取り消しとなり、全撤去という事になりかねません。

 

絆が好きな人にとっては、大打撃になるかも知れませんが、僕的は、いいことだと思います。

特に新基準機に移行して、最大純増が2.0枚の中、純増3.0枚のAT機が混在している事により、やはり稼働は高純増ATの旧基準機に行ってしまいますよね。

そうすると、いつになっても純増2.0枚に慣れない為に、新機種は面白くないとか、増えるのが遅いから面白くないという結論になってしまいます。

そうするとホール側も、新基準機は稼働良くないからと、旧基準機の機種を多く導入して、新基準機の比率を少なくしたり、設定を入れなかったと更に負のループが循環する可能性があります。

 

ホール的にも、新基準機のほとんど機種の機械割が低くて、旧基準機みたいな出玉感が生まれなく活気が少ないので、旧基準機に頼ってしまう節もあるかもしれません。

現に今の新基準機で人気なまどマギ2111%、北斗修羅で115%、バジリスク3111%と以前の台より機械割が少なくなっているのがわかります。

特に顕著なのは、バジリスク3です。前作までのシリーズは全て119%だったのに今作は111%と大分低くなっています。

ただ最新機種の中には前作機よりも機械割が高くなっている台も今後発売が控えてます。

 

一台目が押忍!番長3です。

このタイトルからわかると思いますが、前作のサラリーマンから、若返り高校生時代の話に戻っております。これを見る限り、前作のサラリーマンはスピンオウ的な感じの台だったらしいですね。そのまま島耕作みたいに出世していけば、会長までいけるし、その途中で、操と雫が轟を取り合うみたいな昼ドラマチックな演出があっても面白いよね。

全回転フリーズでどちらを選びますかと選択できる方式ならさらに面白いです。

 

さて本題はゲーム性ですが、セット数管理型のSTタイプのARTとなります。

通常時初当りをしたら、頂JOURNEY(40G1セットのART)に行き、番長ボーナスを引ければG数をリセット、引けなければセット数の有無で継続するか否かが決定。

と今までの番長シリーズとは若干違うゲーム性となっています。

そして一番のポイントが、今まで初当りの契機G数解除があったと思いますが、今作よりG数ではなく、ベルの成立回数変更され、このベルが対決中、ARTに出玉を増やす鍵となり、ゲーム性の幅を広げております。

そして一番気になる機械割ですが、新基準初の119%(設定6)、また設定5に関しても、116%を超えており、万枚突破率が8%と破格の数字となっています。

この機械割、出玉性能があれば、旧基準機に負けないと僕は思います。ただこれがコケたら今後の機種も夢見れないよね・・・。

 

二台目がパチスロおそ松くん。

腐女子が大興奮しているおそ松さんではなく、赤塚不二夫が描いていたおそ松くんからとなる。今の時代おそ松さんだろと思う方も多いかと思いますが4号機時代の爆裂機として名をはせたパチスロおそ松くんの後継機として出るらしい。ちなみに前作では、おそ松チャンス時に六つ子を捕まえるとリアルボーナスが89%でループをするといった爆裂機だった。

今作の仕様はまだわからないが、機械割119%とおそ松チャンス89%を売りにしているので前作同様に期待できる台だと思う。

ただ番長に比べて導入台数が少なく、設定6を使ってもらえるのかと疑問に思う。

 

ただこの二台は新基準しいては、パチスロの行く末を占う意味でも重要になってくる台だと思う。この2機種または、パチスロ業界がどうなっていくのか、ちょっと見守っていきましょう!!

 

あっ!噂ですけどおそ松さんは液晶付きの今開発中らしいですよーw

その他のその他の記事