「P-martTV なかのひとの話」(毎週木曜担当)

「P-martTV なかのひとの話」(毎週木曜担当)

日本一YouTubeで見られているパチンコパチスロ動画。 制作・出演しているP-martメンバーと呼ばれる有名ライターやタレントなど「なかのひと」がリレー形式でコラムを執筆します。最近は、Web動画の枠を超えてTV番組やラジオでも活躍中。喜怒哀楽激しい彼らのパチンコパチスロ論は必読ですぞ!

P-martTV

第1650回「カズヤ:最近のホール事情について」

2016年01月28日(木)

みなパチコラムをご覧の皆様こんにちは。P-martTVカズヤでございます★

さてさて、早いもので今年も残すところ約340日余りとなりましたが皆様如何お過ごしでしょうか?本当、1か月過ぎ去るのが早いコト早いコト…。

恐らくは、この調子で残りの11か月も過ぎて行くのでしょうね。ひと月ひと月大切に(負けないように!!)過ごさなければ!!

さて、本コラムを書いているのは1/23深夜…!?明け方…!!?まぁ、そのくらいの時刻なんですが、福岡には珍しく雪が降っています。

天神の中心地も車通りが全く無く、(バスとタクシー位なモノ)まるでゴーストタウン化してる。そんな何時になく不思議な街並みと化しております。

たまにはいいもんですね。一面白銀世界で人気のない天神も。何か非現実的で新鮮です。

そうそう、気が早いですが年間収支の方、今のトコロちょいプラスをキープしておりますのでご安心を!!

新年一発目、メシウマネタで無く申し訳ありませんネ★笑。

いよいよ福岡においても来月(1/2)から非等価改定が実施されます。

嘆く意見が多いのですが、個人的にはそれで少しでも上の設定を入れてくれるようになれば、それはそれで受け止めれるのかな…!?という感じで捉えております。

入れてくれなかったらどーしよ…笑。

 

さて。あまり長くなるとアレなんで、前置きはこれ位にしておきたいと思います。

 

最近ではお陰様で、福岡県内に留まらず他県の様々なホールさんへ伺う機会が多くなって参りました。

各々の地域により、交換率やデータカウンターや出玉のみをカメラに映してはいけないとか…決まり事も変わってきたりと色々有るので大変なのですが、色々あると言えばやはり「レート」ではないでしょうか。

 

スロットでは20スロ 、10スロ、 5スロ、 2.5スロ、 2スロ、 1スロなどなど現在、色々なレートがホールには存在しています。

最早、2.5スロから1スロの域まで来ると、ゲームセンターで遊ぶよりむしろ割がイイんではないかと思ってしまいますが…w

 

プライベートや来店・撮影時のお客様の動向を見ていて、個人的に思う事が有ります。

それは、「メインレートがココ最近20スロから5スロに移行しつつある!?」という事。

 

それは特に、何のイベントもやっていないフラ~っと行ったプライベート時に強く感じます。有り難いことに、来店・撮影時はお客様にとって「設定」と言う部分で期待感が有られるのか、20スロも朝一から埋まっていくのですが、

営業日の2/3弱が通常営業日と考えるならば、最早メインレートがココ最近20スロから5スロに移行しつつあるという現象はチョットした問題なのかなぁと考えさせられます。

 

端的に言うならば「朝から一番に埋まって行くのは5スロから…。と言う状況な訳なのです。」

 

5スロであれば、設定を度返ししても金銭的な負担を軽くして演出を楽しみながら「趣味打ち」もできる。このようなお客様の心理も多少なりとも働いているのではないでしょうか。

 

で、

 

その反面、以前はよく見かけていた専業グループ「俗に言うパチプロ集団」と呼ばれていた方達を殆ど言ってイイ程、見かけなくなりました。

今現在、そういった専業でやって行ってるている方は、本当に自分に厳しくそれでいて尚且つ余程の努力している事でしょう。

第三者的に見ても、現在のホール事情では専業するよりも普通に仕事する方が余程楽に思えてくる。それだけ今のホール事情を踏まえれば現状「そう甘くはない」といった事になるのでしょうが…。

 

一般ユーザーも周知の事実でしょうが、ホール状況やデータ履歴を見て台を吟味しようにも、20スロなど殆どの台が稼働が少ないがため、参考となる様な履歴が殆どと言ってイイ程無い。といったところが現状なのです。

唯一稼働している台が有るとすれば、それは、設定の高低は別にして朝一から低投資のうちに出玉が伴なっている数台だけ…。というホールデータが多々見受けられます。

 

前述の様な、極めて困難な稼働状況の中でイチから台を掘り起こし、勝ち続けて行く事は極めて不可能に近いと思います。短期的に運に助けられて勝つ事は可能でしょうが、それでは常勝、且つ年間の収支をプラスにする事は極めて難しいのではないかと感じます。

 

「5スロで一万円入れたら取り返せない」とか、「20スロの方が高設定が入っている」等と言った声をよく耳にするのですが、個人的な見解は全く持って反対で…。

20スロも5スロも高設定が入る時は入りますし、「5スロよりも20スロの方が高設定が入っている」と言うのはもはや都市伝説的なことだと思います。個人的にも財布の中身が厳しい時や、負けてどうにもこうにも行かない時等は5スロを打った経験もあります。

事実、5スロの高設定らしき台を打った経験も。

 

現にホール状況を見てみても分かるように、朝一、一番最初に埋まって行くのは低貸しコーナーから。もし仮に設定が入っているのなら、一番活気が有りいの一番に埋まるのは20スロなハズでしょう。

 

そういった観点からも、前述で書いたような「メインレートがココ最近20スロから5スロに移行しつつある!?」と言う現象が見受けられるホールさんは、設定の配分(バランス)を思い直していただき、基本レートである20スロで勝負できる!!その環境を整える!!

というのが、お客様にとってもホールさん側にとっても双方に有益なコトではないだろうかと勝手ながら考えていた次第で御座います。

 

で、ここに来て今回の全国的な非等価実施。これは、お客様、ホールにとっても大きなチャンス!!

ホールは現状より設定を上げていく→20スロが打てる環境になる→20スロの稼働が上がる。この好循環が絵に描いた餅にならぬよう、頑張ってほしいものです。ユーザーさんも頑張って20スロ打ってくれると思うんで…。

 

 

ともあれ、打ち方は人それぞれ、20スロでも5スロでも2スロでもどのレートでも良いと思いますので、のTPOに応じその時自分が一番しっくり来るレートを選び、その中でも節度を守った遊び方をする。と言うのが年間収支を乱さない秘訣なのかも知れませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!!

その他のその他の記事