ドS番長さおりんがゆく!(毎週水曜担当)

ドS番長さおりんがゆく!(毎週水曜担当)

カネなし、ヒマなし、カレシなしと3拍子揃った崖っぷちライター。20代で“四十肩”を発症したがためにパチスロの活動限界はたったの一時間。尊敬する人物はダウンタウン・浜田雅功だけあって、自他共に認めるドS人間であり、「愛だけじゃご飯は食べれない」が口癖。仮想世界での家庭菜園が趣味。

さおりん

倍プッシュだ☆

2017年05月17日(水)

今週も実践の模様をお伝えします。今週はメーシーさんのSLOTアカギ~闇に降り立った天才~」を打ってきました。

 

12_1

クリックすると拡大してご覧になれます

本機はA+ART機で、純増約1.6枚(ボーナス込みで2.0枚)。ARTには入りやすいけど、ボーナスは1/455~1/607ゲームと少し重ため。

 

通常時は周期抽選で、1つのストーリーが「起・承・転・決」の4つのパートで構成されています。そしてパートごとで、最後の「凌ぎの刻」で次のパートに進むかどうかのジャッジが行われて、ストーリーが成功すると「起」だったら「承」へ 「承」だったら「決」 というように進んでいき、「決」はART当選かどうか?という大事な場面に。どこかで「凌ぎの刻」が失敗してしまうと、もう一度「起」から別のストーリーが始まるという流れです。

 

まあ、「起・承」滞在時のレア役でもART抽選が行われているので、普通の台のようにレア役引くのも重要なんですけどね。ただ、「転・決」まで進んでしまえば、後は設定差がないみたい

 

打ち始めたらすでに「転」のパートになっていて早くもチャンス到来。ここはなんとしてもレア役を引きたいと思いながら消化するも引けず、そのまま「凌ぎの刻」へ発展するも見事成功で「決」に到達。

12_2

クリックすると拡大してご覧になれます

ここで弱チェリー。「決」なら弱チェリーでも約10%でARTに当選するみたいですが…

 

見事ART当選♪(最初から当たっていた可能性も高いけど)

 

が、結果は 34遊戯(ゲーム) 67枚獲得。ループ率50~80%なのに単発は辛い・・・

12_3

クリックすると拡大してご覧になれます

その後、通常時100ゲーム程でレア役。そこから“ざわざわ”が始まって、スイカを引く。すると“ざわざわ”が大きくなり、さらに強チェリーも重ねる。すると、今度は“ざわざわ”が赤文字に!!

調べたら「起・承」中の赤“ざわざわ”はART確定みたい♪

 

12_4

クリックすると拡大してご覧になれます

開始の手牌が「神がかってやがる!!」で大チャンスの模様。開始の手牌で色々示唆がありそうです。そして対戦相手の鷲巣より先にテンパイで三面チャン待ち。もらったも同然かな?

12_5

クリックすると拡大してご覧になれます

そこでなんと強チェリーから初のビックボーナスです。ボーナス確定画面は神様が二人も出てきて、なんだか後光まで差しています(笑)

 

ボーナスは約204枚。ボーナス中も「闘」図柄揃いでART(上乗せ)抽選を行うのですが、1回も揃わず悔しい結果に。

 

そしてこのARTの結果は8局(8連)・309遊戯・747枚獲得でした☆

 

今回はプレミアムボーナスを引けなかったけど、ちょっとおもしろかったからまた打つかも。ちなみに、ARTのセット開始時画面に設定差があるみたいなので、この辺の情報公開は楽しみです。

 

以上、さおりんがお送りしました~

 

(C)福本伸行/UNIVERSAL ENTERTAINMENT

パチスロ機のことのその他の記事